インプラント後の調整

インプラントの噛み合わせ

噛み合わせが重要なインプラント

失った歯の機能や見栄えを回復させる手段であるインプラントは、歯科治療の1つとして注目されます。このインプラント治療で重要なのは、失った歯と同等の噛み合わせを取り戻すことです。この治療を行うことで違和感なく歯の役割を担うことが期待できます。この噛み合わせが悪いと、肩こり、頭痛、腰痛、耳鳴り、めまい、鼻づまり、目のかすみなどの症状が現れます。結果的に全身のバランスが悪くなり、歪みも生じ姿勢が悪くなります。さらに歯周病や虫歯になりやすくなるので、噛む力が均等になるようにする治療はもちろん、その後も定期的な検診などすることが大事です。

インプラント噛み合わせの違和感

インプラントは、歯を失ってしまったところにチタンを埋め込むことで、歯の代わりにしようろいう治療です。人工の歯はセラミックを使うことで、透明感のある白さを実現しています。入れ歯のように外れる心配もなく、噛み心地が自然なのが人気の理由ですが、しばらく使っていると噛み合わせに違和感を感じる患者さんが出てきます。これは、インプラントやセラミックが人工物であるために、本物の歯だったらすり減るような場合でも、そのままの形を保つことによります。歯科医院で定期的に噛み合わせのチェックをして、調整することで治すことができます。

↑PAGE TOP